FC2カウンター

プロフィール

Author:トチコ
2009年2月にうつ病の診断を受けてからもうすぐ9年目。
休職→復職→休職→復職と繰り返し、2014年10月40歳にして始めて仕事を断念。
退職しました。
薬害についていろいろ調べた結果、薬を使わないことを目標に2014年末頃から減薬を始め、2017年3月から断薬しています。
減薬~断薬中は激しい離脱症状に苦しみましたが、断薬から4カ月後くらいの8月頃から急激に体調は回復。
私にとって抗うつ剤はデメリットしかありませんでした。

現在は社会復帰、就職に向けて日々活動中です。
2018年ははっきりと社旗復帰の年にしていきます。

もし私の病気になってから今までの事をお知りになりたければ、カテゴリー『これまでを振り返って』の内容をご覧ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

お絵かきアルバム

練習用の2Dや3Dを時々載せています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
将来についての不安
近頃、というかここ数週間は、調子が良ければ起き上がって活動しています。
といっても薬の副作用か断薬症状か、はたまたもともと持ってる病気の症状か体質かはわかりませんが、過眠がひどいです。

夜は1~2時に眠るようにしていますが、起きだせるのがだいたい夕方です。
14時から16時くらいの間に起きだすことが多いです。

ほんの数か月前は起きている事すらままならない状態だったことを考えれば随分よくなったんでしょうが、最近は将来へ向けての事が、具合の悪すぎたころよりも具体的に見えてきて、再就職についてとか未来についての不安が強く出ることが多いです。

なので、起きていられる間に少しでも建設的な活動ができていないと不安になります。

私はもともとグラフィックのお仕事をしていました。
そしてそのお仕事が大好きだったので、病気で辞めざるを得なかったとき、口惜しさと不安でそれこそ何か月も泣き暮らしていました。
今でもそのお仕事に復帰したくて仕方がありませんし、何年も望み続けてきたことです。

過去の職場では、グラフィックの仕事といっても、品質やコストに対する管理を任されることが多く、グラフィック自体の腕前は正直かなり怪しいレベルでした。

再就職となると普通書類審査のところ、この業界では作品のクオリティがモノをいうのでそこに自信のない私にはかなり不利なんですよね。
第一関門のハードルがかなり高い。
実際現場に入れば、私のように管理をできる人間のほうが少数派なので重宝はされると思うのですが、もぐりこむことがかなりむつかしくなってくるんです。

それに私と同等の能力のある人なら若いに越したことはないでしょうから、この年齢もネックになります。
でも、年齢はもうどうしようもないとして、グラフィックの腕前を上げることは可能かもしれませんよね。

不安を少しでも拭い去り、未来を引き寄せるためには、今は絵の腕前を少しでも磨くことがとても大切なんです。
実際描いていると、集中しますし不安も和らぎます。

ところが過眠で時間がなかなか取れないものですから、ジレンマでイライラしちゃいます。

主人は、ずいぶんよくなったんだから焦らずに、ゆっくりとでいいんだよと言ってくれますし、実際そうなんだとは思いますが、じりじりと年齢を重ねていることに焦ってしまうんですよね。

もっともっと起きていられるようになりたい。
起きてたくさん絵を描いていたい。
そのためにはどうしたらいいのか?

とりあえず今月中にサンバルタの断薬が始まるとして、次はクエチアピンの断薬に移ります。
私はもともとは不眠なので、睡眠のためにクエチアピンを服用しています。
クエチアピンは眠くなるお薬として有名らしいですから、これを断薬することが出来れば眠気も収まるんじゃないか?
でもそれでまた不眠に悩まされたら?
と不安はめぐってしまいます。

再就職までの道のり...困難は続きそうです。





うつ病ランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村
投稿日:2017/03/06
TB(-) | CM(0) | 未分類 | Page Top
Secret

Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © うつ病日記 All Rights Reserved.