FC2カウンター

プロフィール

Author:トチコ
2009年2月にうつ病の診断を受けてから8年目。
休職→復職→休職→復職と繰り返し、2014年10月40歳にして始めて仕事を断念。
退職しました。
薬害についていろいろ調べた結果、薬を使わないことを目標に2014年末頃から減薬を始め、2017年3月から断薬しています。
結果として8月頃から急激に体調は回復。
私にとって抗うつ剤はデメリットしかありませんでした。

今は断薬症状や病気の体調不良に苦しみながら、社会復帰を目標に体力づくり頑張っています。

もし私の病気になってから今までの事をお知りになりたければ、カテゴリー『これまでを振り返って』の内容をご覧ください。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お絵かきアルバム

練習用の2Dや3Dを時々載せています

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
母への気持ち 母と私
まだ眠れないのですこし考えながら殴り書きしてみます。

幼少の頃、いま思えば当時からかなり大げさだったのだと思いますが、母は何度も救急車で運ばれました。
夜中なんかに起こされて、『近所のおばちゃんの家に行って救急車呼んできて!』
当時我が家には電話は無かったので、私は夜、泣きながら空に向かって、神様助けてください!お母さんを殺さないでくださいください!と叫びながら、近所のおばちゃんの家に助けを求めに走りました。

大概は軽い検査をして、何事もなくそのまま返されていたので、いまの健康状態を考えてもたいした症状では無かったのだと思います。

今でも、誰にでもあるような体調不良で、本人は本気で死んでしまうと感じているようで、すごく大騒ぎします。
その度に心の中ではたいしたことないんだろうなと思いつつも、誠実さを見せないとヒステリーを起こす性格なので、症状を詳しく聞いて、病院へ連れて行き、結局特に何もないということが頻繁にあります。

でも幼い私にとってはそんな事はわかるわけもなく、今にも死にそうに苦しんでる母を見て、不安と恐怖で胸はえぐられるようでした。

母がいなくなるという幼い頃の私の恐怖心。
きちんと話を聞いて、時間を割いて、なだめてすかして病院へ連れて行くという儀式を行わないと、またヒステリーを起こされるという、大人の私の恐怖心。

それらが混ざって母の体調不良は、私にとってとてもしんどいイベントなのです。



それから、母とこの世で2人きりだった幼い頃、精神的に未熟で発達障害のあった母は、感情をむき出しにして私にぶつかってきました。
やはりよくヒステリーを起こしましたし、自殺未遂、心中計画などもあり、私はたくさんの寂しさや不安や恐怖を抱えていました。

大人になってからは私の方が精神的に成熟していたので、母を守り、教え、根気強く母を支えてきました。
母は、不満や愚痴や様々な黒くてエネルギーの強い負の感情を私にぶつけてきて、それを受け止めるたびに、私も傷を負い、深めてきました。

そして途中からできた父は私が成人する頃失明。
家計が破綻し借金が膨れ上がり、母は相変わらずの発達障害全開で両親とも働けず、私は自分の持てる全ての力以上のものを出し切って、家族を支え続けました。

いちばんいけなかったのは愚痴ひとつ言わなかったこと。
私の愚痴ひとつで、家族が崩壊すると思っていたから。
私はみなの支えにならなくてはいけない。
金銭的にも精神的にも。

だから愚痴や不満や不安も全て飲み込んで、心を押し殺して頑張ってきた。

こういう事の積み重ねで、私は知らず知らずに母や父に対する不満や恐怖や憎しみを自分の中に溜め込んでいたのだと思いますが、そのこと自体に気がつけたのがつい最近。

自分の中にあったのに、今まで見えないように気がつかないように、頑丈な扉の上から『私が未熟だったからすべて私の責任』という強力な呪文で封印してきたドロドロとした汚い感情をようやく解放することができた。

その感情と向き合い、整理し、納得するという作業はとてもつらい作業だったけど、私は大きく前進して成長できたと思っている。

だけど、まだ何かが残っているみたい。
まだ落としきれていない何か。

普段はほとんど意識しなくなったのに、たまにひょっこり顔を出す。
時々見る父や母に対する残酷な夢や時々訪れる母親恐怖症。

母親恐怖症はたまにじゃないのかな?
よほど元気な時でない限り、母親からの過干渉をかわすため、いつも体調が悪くて布団で過ごす私でいなくちゃいけないことはやはりまだ、乗り越えたとは言えないのかもしれない。
いや、乗り越えられてないんだろうな。
とても残念だけど。

何が足りないんだろう。
まだ向き合えてないものがあるのか。
それとも記憶がある限りこれ以上はムリなのか。
それとも、時が解決してくれるのか。

最悪母の死がそれを解決する手段なのか。
できれば母が健在なうちに元気な私に戻って安心させてあげたいんだけど。


うつ病ランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

投稿日:2016/04/28
TB(-) | CM(2) | 原因・そして発病 | Page Top
トチコさんこんばんは

自分は去年の9月に今の病院に転院した時に
紹介状(診断書?)に「うつ病、発達障害の疑いあり」と書いてあると今の主治医に言われました
前の病院は7年以上通院してましたがそんな事言われた事が無かったのでビックリしました
確かに人とコミュニケーション取るのが下手だったり人付き合いが出来ないし物忘れが激しく
仕事は人間関係のもつれで辞めた事が多かったですが
それでも発達障害ではなく対人恐怖症や社会不安障害だと思っています

トチコさんは子供の頃から今もお母さまの事でとても苦労されたと思います
その事が少なからずトチコさんの御病気にも影響されたのだと思います

今自分の母親はうつ病(他の精神疾患かも?)で以前の姿は無いくらい病んでいます
自分が子供の頃から身体も弱く
大人になってからも20年もひきこもってたせいで母親には相当な心的ストレスを与えてきたのだと思います
なので母親の病気も自分のせいじゃないか?と負い目を感じています

誰にも迷惑をかけず
誰からも迷惑をかけられずに生きれるといいのですが
生きるのって難しいですよね
2016-04-29 01:00 : キリコ URL : 編集
Pagetop
キリコさんへ
キリコさん、こんばんは
返信させていただくのがこんなに遅くなってしまってごめんなさい。

発達障害の疑いということでしたが、発達障害ってかなり曖昧なところがありますよね。
どこまでが普通でどこからが発達障害なのか、見る人によっても違うと思います。
それこそそういう目で見れば、だれだって変ったところの一つや二つありますから、全ての人に発達障害の疑いは有ると言えるんじゃないかなと私は思います。

人間関係も近頃本当に難しくなってきてると思います。
大昔の人ってもっと単純に生きられたんじゃないかなーって、そう思うんです。

私は昔、すごくコミュニケーションが上手いと自負してた時期がありました。
ところが鬱病になってからは本当に難しく感じます。
私はコミュニケーションが上手いのではなく、すごくムリしてたんだなと今は思います。
物忘れも、タイプは違うかもしれませんが、私もすごく多いですね。
スポンっと抜けてしまうんですよね。

私もキリコさんは発達障害ではないと思います。

キリコさんがお母様のご病気が自分のせいではないかと感じられる気持ちは良くわかります。
もしかしたら、ほんの少しだけ、影響をしてしまったかもしれませんが、主だった原因は違うと思います。

キリコさんは思いやりがすごくある優しい人ですし、責任感もとても強い人だと感じます。
お母様は、だれよりもそれを知っているばずですから、キリコさんのせいというのは考えすぎだと思います。

うちの母は、私が働かないと家族が食べていけない状態でも、自分の寂しさなどが優先されるのだと思うのですが、私が残業で帰宅が遅くなると、『そんな仕事辞めちゃいなさい!』って本気で怒ってヒステリーを起こしてましたよ。
それをなだめるのも大変でした。
よく生活費の値上げとか旅行に連れて行けとか要求されましたし、私がどんな気持ちで働いてるかなんてきっと思いつかない人なんだと思います。

キリコさんは本当に優しいです。
その存在がお母様の支えになっているはずだと思います。
2016-05-05 22:15 : トチコ URL : 編集
Pagetop
Secret

Powered by FC2 Blog / material by 刺繍糸 / design by 俺様と猫缶

Copyright © うつ病日記 All Rights Reserved.